タイのパタヤのおすすめスポットと旅行記

2019年1月22日 (laem chabang ・タイ)

画像は後ほど、、wifi状況が悪いため
1/19 シンガポール シンガポール
1/20 終日航海
1/21 終日航海
1/22 レムチャバン タイ
1/23 クード島 タイ
1/24 シアヌークビル カンボジア
1/25 終日航海
1/26 ホーチミン ベトナム
1/27 ホーチミン ベトナム
1/28 終日航海
1/29 ダナン ベトナム
1/30 終日航海
1/31 ハロン湾 ベトナム
2/1 終日航海
2/2 香港 中国

2日間の航海日を終えて、タイに寄港しました。

タイランド

タイランド

人生で初のタイ。タイ料理は大好きです。笑

船に乗船して普通の生活に戻りました。

少しづつ前の感を取り戻しつつある今日この頃。

いつものように朝の仕事を終えて、タイへと脱出してみましょう。

 

今日の寄港した港周辺にはあまり何もなさそうです。

近くの町は、パタヤ。

そこまではシャトルバスが出ているようです。下船してシャトルバスが来るであろう場所で待ってみます。

つぎのシャトルバスまで、40分も待たなければいけないとのこと。

港には、タクシーもちらほら。

私を見るや、手を振ってきます。近くの街(パタヤ)まで片道US$50ドルとの事。タイって物価が安いんじゃないの??

結構するんだなぁ。まぁ、距離もそこ遠いし、時間節約のためにタクシーで行くことに。

タイの人ってみんな本当に優しい。

運転手さんも、とても気さくで良い感じ。なんか、ぼったくってやるって言う、ガツガツした感じではないんです。

国民性なのでしょうね、信用できる感じがしてならないのです。

うん、タイ人好き!!

そんなこんなで、タクシーに乗って40分くらいでパタヤの街に到着しました。

タイ・パタヤのストリートフード

タイ・パタヤのストリートフード

先に鍼灸の先生が街に行っていたので合流。安定のPOKEFIを使ってお互いの場所をGPSで確認します。そういえば、鍼灸の先生もPokefiを購入しましたよ。

パタヤってどんな街なの?

場所

パタヤは首都バンコクから南東へ160キロほどの位置に存在する特別市であるようです。バンコクからだと、車で2時間。

気候

私が訪れたのは、1月。この日は30度ありました。基本的に、半袖、半ズボンでOKです。一年を通しての平均気温が30度を超える常夏の街。

通過

タイバーツです。100バーツで300円くらいです。3を掛けると大体日本円に換算できるかな。

物価

これはピンキリですが、日本よりは断然安いです。パタヤ中心部にあるショッピングセンターや、スターバックスは日本と変わらない物価でした。でも、基本的には安く済んでしまいます。

パタヤの街でタイ料理を

タイに来たからには、タイ料理を食べなければなりません。

今回は鍼灸の先生が以前来たことがあると言うショッピングセンター内にあるレストランへ。

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

タイ料理が大好きなわたくし。お腹も空いています。

グリーンカレー、ガパオライス、パッドタイ、チャーハン、サテーチキン、ダック焼きなど、、、結構注文しました。笑

おおおお!!すごく美味しい。本場の味。スパイスが超効いています

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

パタヤのタイレストラン

やっぱりタイ料理は美味しいなぁ。

想像以上に美味しかったですが、スパイスが想像以上にすごかった。と言うか辛かった、、、辛いのが大好きな私も辛いと思うくらい、、

食事の後は、セブンイレブンに行ってみました。日本のセブンイレブンと遜色ない。へぇ。いいなぁ、これならタイで暮らすのも、あまり不自由しませんね。

タイの交通機関

ソンテウ(乗り合いトラック)

これは、ビーチロードを中心にたくさん走っています。手を上げると脇にとまってくれ、荷台に乗り込みます。料金は、10バーツ。30円です。安いですよね。乗りたいところで、乗り込んでブザーを押すと止まってくれます。降りるときに運転手さんにお金を払えばオッケーです。

タイの乗合タクシーソンテウ

タイの乗合タクシーソンテウ

モーターサイ

バイクタクシーです。オレンジのゼッケンをつけた人に声をかければ乗せてくれます。細い路地や、行き先がはっきりしている場合には、モーターサイが便利なようです。基本的には一人乗りですが、たまに二人乗りになる場合もあるようです。料金は、50バーツくらいから。150円くらいです。安い!!

パタヤタクシー

これは、一般的なタクシーのこと。メーターがあるわけではなく、運転手さんとの交渉によって値段が決まります。私はこのタクシーに乗って、港から街までやってきました。

ドライバーさんはとても感じの良い方が多いので、安心して乗ることができます。また、車も比較的新しく、エアコンも効いていて最高です。

 

初めてのタイ。前述しましたが、人が本当に優しい。

 

2019年1月23日 (クード島・タイ)

今日はタイのクード島に寄港中です。

完全にリゾートな島です。海の水の透明度が半端ないです。

タイのクード島

タイのクード島

タイのクード島

タイのクード島

今回は私たちの貸切での利用の様でした。

朝の仕事を終えて、お昼ご飯はクルーメスで食べてから、テンダーボートで島内に潜入。

桟橋に着いたテンダーボート。

桟橋から見る海の透明度はなかなか良い感じです。

タイのクード島

タイのクード島

タイのクード島

タイのクード島

タイのクード島

タイのクード島

Pokefiも繋がるので、今日はネット作業をやりましょう。たまっていた記事を修正したり、メールに返信したり、、、、船内ではできない作業が捗ります。

リゾートの島に来て、パソコンなんてやっている人は恐らく私だけでしょう笑

ある意味とても贅沢な時間。

島内にはリゾートホテルがある様ですが、アクセス不可っぽかったです。また訪れるので、次回探索したいと思います。

 

他の方のクルージングブログも面白いですよ。
クルージングランキング