ポートクランからクアラルンプールのバトゥ洞窟への行き方や観光時間は?

 

2020年2月11日(マレーシア・クアラルンプール)

ごきげんよう♬

ゆうとぴあです♪

世界を周遊する客船でお仕事をしながら、今日も世界のどこかを旅しています。

そんな客船は超がつくほど豪華な船です。

でも、、

お客さんは豪華な気分を味わえても、私は働き蜂のごとく毎日お仕事をしてるんですよ♪( ´θ`)

それでもお金を稼ぎながら、世界各国の名所を見て回れるので、幸せな毎日を過ごしていると思います♫

ここをクリックで生存確認(現在地)がわかります。

 

このブログでわかることポートクランからバトゥ洞窟へ!観光の所要時間や行き方

 

新型コロナウイルス肺炎の影響で、私たちのクルーズ船にもとても大きな影響が出ている今回のクルーズ。

先日タイでの受け入れから、本日はマレーシアの「ポート・クラン」に寄港しました。

こちらの「ポート・クラン」は、クアラルンプールから約60キロほど離れた場所に位置する港。

クルーズでクアラルンプールを訪れる場合には、ここの港に停泊することになります。

今回、初めてのクアラルンプール。

港からは会社が用意してくれている、シャトルバスが出いています。

しかし、バスの行き先は近くにある「イオン・ジャスコ」

イ?

イオン??

なんと、ここマレーシアには、とても多くの「イオンモール」があるんです。

 

全く日本にあるのと一緒です。

すごいなぁ。

イオンも捨てがたい、、

けど、もっと行ってみたかった場所があるのです。

観光して時間が残れば、帰りに寄りましょう。

観光帰りに時間があったので、イオンに寄りましたw

マレーシアの「チキンライス」を食べて、、、

これが、250円です。

ドリンク付き。

すごいお得ですよね。

しかも素晴らしく美味しいときましたよ。

お持ち帰り決定です。

このお持ち帰りしたお弁当もすごいクオリティでした。

バトゥ洞窟

↑↑ここに行きたかったのです↑↑w

ここは、ヒンドゥー教の聖地とも言われる場所。

私は特にヒンドゥー教徒というわけではありませんが、個人的にガネーシャが好きなのです。v

4億年前からの石灰岩で作られている洞窟。

よく、インスタで見てたりしたので、存在を知っていました。

これは、マレーシアのクアラルンプールにあるんです。

ここまで来てここに行かないすべはないでしょう。

バトゥ洞窟への行き方

クアラルンプールから、このバトゥ洞窟への行き方は、たくさんのブログで紹介されています。

今回は、クルーズ船で寄港するポート・クランからの行き方を。

まずは、シャトルバスに乗って、近くにあるイオンモールまで行きましょう。

ここまで30分。

私はマレーシアリンギットがなかったので、イオンの中で両替を。

しかし、両替商が10:30からだったので、ATMで200リンギットだけ一応下ろしておきました。

さて、このイオンの正面玄関からタクシーの配車アプリ(Grab)を使って、パドゥ洞窟まで行きます。

相変わらず東南アジアでは大活躍してくれる、タクシーの配車アプリサービスです。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

タクシー料金は、片道1800円ほど。

距離にして60キロもあるので、安いですよね。

乗車時間は、1時間程度。

まぁ、電車とか使っていくともっと安く行けますけど、クルーズできているので、時間がない方は断然タクシーがオススメです。

時間をお金で買いましょう!!

タクシーの中では、ブログの記事を更新したり、たまっている作業をしたり、運転手さんとお話したり、、、

1時間が生産的な1時間となりました。

いざバトゥ洞窟へ

おお!

来ましたよ。

ヒンドゥー教徒ではなくとも、この洞窟を訪れる意味は大いにあるでしょう。

すごすぎる。

インスタ映えも良い!!w

 

ここで有名なのは、272段ある階段。

洞窟の中を見学するためには、この階段を登るという試練が待ち構えております。

思った以上に急な勾配です。

これは実際に登るとどのくらいかかるのでしょうか?

時間がないけど行ってみたい人!

登れる自信がない人、、、

さて、結果はいかに??

かかった時間

3分33秒

距離的には、320メートル

登れる自信がない人は大丈夫か?

ゆっくりでも良いので、登れると思います。

なんだか、とても綺麗な女性が色々な人と写真を取っていたので、私もパシャり!!

4億年前からの石灰岩で作られている洞窟ですって!

気が遠くなりますよね。

注意すること

必ず飲み物持参

飲み物は、お水などが入り口付近の売店や食堂で販売されています。

しかし、お猿さんがとても多いので、きちんとカバンにしまうなりの対応が必要です。

雨の日などは、足元が大変滑りやすく危険。

運動靴で行く方が良いのは、いうまでもありませんね。

まとめ

このバドゥ洞窟の周辺には、おみやげ屋さん、食堂的なものが用意されています。

時間帯によっては、とても渋滞するマレーシアの交通事情。

私が現地に到着したのは、11時40分ごろ。

そして、入り口から入場して階段を登り、ぐるぐるお上りさんをして、正面入り口に戻るまでの所要時間は1時間弱でした。

これでも、結構のんびり回った方です。

結果的には、クルーズでポートクランに来た場合、4時間くらいの時間が取れるのであれば、タクシーにて行った方が良いでしょう。

クアラルンプール市内からだと、3時間弱ほどの時間が取れるのであれば、往復観光できちゃいます。

ぜひ、クアラルンプールを訪れた際には、バトゥ洞窟へ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村