入港拒否を受けていた香港発のクルーズ船が1週間ぶりにタイに寄港!

 

2020年2月7日(タイ・パタヤ)

ごきげんよう♬

ゆうとぴあです♪

世界を周遊する客船でお仕事をしながら、今日も世界のどこかを旅しています。

そんな客船は超がつくほど豪華な船です。

でも、、

お客さんは豪華な気分を味わえても、私は働き蜂のごとく毎日お仕事をしてるんですよ♪( ´θ`)

それでもお金を稼ぎながら、世界各国の名所を見て回れるので、幸せな毎日を過ごしていると思います♫

ここをクリックで生存確認(現在地)がわかります。

 

このブログでわかること新型コロナウイルス肺炎の影響で入港拒否されていたクルーズ船がタイで受け入れてくれた

 

 

中国の武漢で発生した新型コロナウイルス肺炎の影響で、世界各地で感染者が確認されるなどパンデミックな状況となっています。

連日テレビで放送されている「ダイヤモンドプリンセス」のクルーズ船。

感染者が確認されたことで、次から次へと新たな感染者が続々と出てくる状況。

終わりの見えない状況の中、クルーをはじめとする関係者の方の疲労感は半端ないと想像するだけで、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

クルーズ船で感染者が確認されたのは、「ダイヤモンドプリンセス」だけにはとどまらず、ホランドアメリカラインの「ウエステルダム」のクルーズ船でも数十名に及ぶ感染者がいたと確認されています。

ウエステルダムとは香港で一緒だった

新たに感染者が多数確認された「ウエステルダム」とは、まさしく2月1日に香港のカイタッククルーズターミナルで、一緒に寄港しておりました。

私の乗船する船の後列に停泊していた「ウエステルダム号」

私たちよりも早くに香港を出航したウエステルダムが向かったのは、フィリピンのマニラ。

本船もその数時間後に出航。

同じくマニラへと、航路を進めていました。

香港からマニラへは、2日かかります。

出航からちょうど1日ほど経過した頃、

「マニラへの入港不可」ということで航路をベトナムへ変更した本船。

同じく「ウエステルダム」もマニラでの入港拒否を受けて、台湾の高雄へと航路を変更していました。

入港拒否を受けた理由は、両船とも「香港発のクルーズ船」だったということ。

この時点で感染者は確認されていたのかどうかは不明。

ベトナムも拒否

マニラでの入港を拒否された結果、ベトナムのダナンへと航海を続け、2月の4日にダナンに到着。

しかし、港には接岸せず、ダナン港沖合に停泊する本船。

なんでも、ベトナム政府も香港からのクルーズ船の寄港を拒否するとのこと。

結局、ベトナムにも入国できずに、まる1日正式な連絡がないまま航海を続ける感じでした。

タイのパタヤへ

2月1日に香港のカイタッククルーズターミナルを出航して、1週間が経過。

南シナ海をさまよっていましたが、タイ王国で入国を許可。

おおお!!

タイありがとう!!

不安なまま過ごした1週間。

ようやく上陸できたタイのパタヤでは、いつものマッサージへと行かせていただきました。

今回は、タイらしく「タイ古式マッサージ」

しかも120分も受けちゃいました、、、

気持ちヨカっタァ。

本当はタイ料理を食べたかったけど、時間がなかったので、コンビニでパンとリポビタンDを購入。

タイには日本のコンビニが多くあるんです。

もちろん販売している商品も日本のものが多い。

久しぶりに食べた日本のパンは実に絶品でしたけど、パンは手作りも味わい深くて大好きです。

 

まとめ

私の乗船するクルーズ船、奇跡的に新型コロナウイルスの感染者がいまだに確認されておりません。

その理由もあって、入国できたのでしょう。

もちろんクルー達をはじめとする乗客も検温を受けるなど、何かしらの検査的なものはありました。

検温の列に並ぶクルー達!

本船に乗船するクルーは400名。

ゲストは今回500名。

香港から乗船したゲストは350名。

クルーも香港から乗船していますし、香港停泊中に香港市内に出かけている人もたくさんいます。

香港の港で一緒だった「ウエステルダム」からは、35名に及ぶ感染者が確認されているというのに、本船からはゼロ!

少し不信感を拭えません。

本当なのか??

・隔離されているゲストは居るらしい
・夜中の1時に船内放送で救急コールがあった
・検温するだけではわからない
・怪しい雰囲気を感じる

 

世の中って綺麗事だけでは済まされないことって、実は結構あるんですよねぇ。

もし、本船で感染者がいたとして、それを隠蔽することは可能なのか??

うーん、、、、、

どうなんだろう!!

あってもおかしくはないでしょう。

コロナウイルスの影響で今後のアジアクルーズの予定にも大きく影響が出ています。

今後のスケジュールも直前で変更があってもおかしくない状況の中、あまりにも情報が伝わってこない!!

それが余計に不信感を募らせるのです。

このまま何事もなく終息を迎えてくれると良いのですが、、、、、、、

少しくらい熱っぽくても、気安く船内にある病院に行けない状況です。(色々な意味で怖いので、、、、)

↓↓↓こちらをクリックしていただけると、とても元気が出ます↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村