日本帰国後の強制と自主隔離の様子や羽田空港周辺のホテルをご紹介!!

ごきげんよう♬

ゆうとぴあです♪

世界を周遊する客船でお仕事をしています。

2021年の9月に4ヶ月の契約が終了。

そのまま永住しているオーストラリアへ帰国するはずでしたが、ロックダウンの影響の為、飛行機がキャンセル。

仕方がなく日本へと帰国しました。

前回の記事では、ギリシャから日本への帰国、入国の流れからホテルへ到着するまでの様子を記事にしました。

 

新型コロナウイルスの為、日本への入国時には水際対策が実施されている関係で入国時には面倒な手続きが必要となります。

検疫状況は常に変わりますので、日本帰国の際は新しい状況もご確認ください。

検疫所(厚生労働省)のサイトはこちら!

 

このブログでわかること日本入国時のおける政府指定の強制隔離ホテルと自主隔離ホテルの様子を分けてご紹介します

日本入国後の強制ホテルと自主ホテルの違い

4ヶ月超えのクルーズ船でのお仕事が終了。

オーストラリアへと帰国する予定が、帰国フライト2日前に突然のキャンセル。

民主主義国家の中で唯一国ごとをロックダウン中のオーストラリア。海外からの入国者は、国籍、永住権保持者のみ。

私は国籍保持者になるので帰国できる権利はあります。

しかしながら毎日の帰国者数をオーストラリア政府が信じられないほど厳しくコントロールしているために、なかなか飛行機のチケットを取得することさえが困難。

仮に取得できたとしても料金が半端ない高額なため、そうそう帰国できる人が少ないのには納得です。

日本での検疫も終わり無事に入国が完了すると、いよいよ政府指定のホテルへと移動になります。

私が滞在していたギリシャは「新型コロナウィルス変異株流行国地域」に指定。

この指定国に滞在していた人は、日本入国後3日間(入国日は除外)は政府指定ホテルに宿泊し、改めて検査が行われます。陰性と証明された場合のみ政府指定ホテルを退所することが可能。

無事に陰性結果となり退所した際には、政府指定ホテルから到着時の空港(羽田空港)まで政府指定のバスで戻ります。

そこから各自が公共交通機関以外の移動手段で自宅まで戻り、入国後14日間の残りの期間を自宅やホテルなどで自主隔離することが必要となります。

強制ホテルで3日間、自分で手配したホテル、または自宅で11日間、合計「14日間」ということです。

アパホテル両国で3日間の強制隔離

アパホテル両国室内のベッド

羽田空港に到着した後、政府指定のホテルとして連行されたのが「アパホテル&リゾート両国駅タワー」

羽田空港に到着後、こちらの隔離ホテルのお部屋に入るまで約6時間弱を要しました。

私の場合はお昼頃に羽田空港に着いたのでよかったのですが、遅い便の場合はホテル到着は夜中に。

ゆうとぴあ
疲れてるので一刻も早くホテルで休みたいよねぇ〜

バスがホテルに到着すると、ソーシャルディステンスを保ちながら、数名ずつでのチェックイン手続きが行われます。

チェックイン時には、隔離中の注意事項や説明を受けた後、体温計、お部屋のカードキーなどを渡されます。

夕食時だったので、その日の夕食も一緒に手渡しされ、やっとの思いで自分のお部屋へと移動します。

よく頑張った!!オレ!

「ふぅ〜」っていう感じです。

アパホテルのお部屋

部屋に関しては日本のビジネスホテルサイズと小さいですが、3日間であればなんとか我慢ができそうです。

きっと外国人だと、お部屋のサイズ感に驚くのでしょうね。

ベッドは大きめなのが◎。

ただ枕が一個だけと少ないのが残念です。

まぁお問いわせでもすれば良いのでしょうが、そこまでして必要でもないかなと。

ベッド横に備え付けのテーブル。

運ばれてきた食事はこのテーブルでいただくことになります。

備え付けの湯沸ポットや冷蔵庫もこの場所にあり。

今回の3日間で唯一嬉しかったのがこちらのテレビ。

オンデマンドも無料で視聴できるように解放されています。

また日本のホテルWifiは諸外国に比べても高速。

安心してネット閲覧や動画を視聴することができるのも、アパホテルの良いところでした。

毎日のルーティンは?

政府による3日間の強制隔離期間中は、一切自室から出ることが不可能となっています。

ホテルの窓は高層階にあるため開閉不可、お部屋のサイズも小さいためスーツケースを開けてしまうと歩くスペースさえ確保できない感じです。

運動なんて無理!

私は隔離生活に慣れているのと、3年以上ぶりの日本一時帰国だった為、全く苦に感じません。むしろ日本に居ることの方が嬉しかった。しかし日本在住の方にとってはあまり喜ばれる環境ではないと思います。

3日間の強制隔離ルーティン

0日目

18:00頃 チェックイン

夕飯

日本帰国が4年弱ぶりの私にとって、このお弁当はとても美味しかった。量が少ないのでフロントに電話。カップラーメンをいただきました。

ゆうとぴあ
日本の食事って本当に世界一美味しいよね〜!感動しまくりでした!

1日目

7:30 朝食配給

・鮭の塩焼き
・小松菜の胡麻和え
・ひじき煮
・切り干し大根
・厚焼き玉子
・ご飯&焼海苔
・漬物
・オニオンサラダ&フルーツ

8:00 検温して専用サイトを利用して報告

12:00 昼食配給

・とろとろ玉子の親子丼風
・焼きナスのおかか添え
・ちくわの天ぷら
・ごぼうサラダ
・ご飯
・漬物
・ごま団子

18:00 夕食配給

・牛バラ肉と野菜の旨味炒め
・さつまいものレモン煮
・ロマネスコ チェリートマト
・ワカメとキノコのマリネ
・玄米入りご飯
・水菜のサラダ&紫芋のタルト

不規則なタイミングで「MY SOS」での位置情報確認連絡もきます。そのアプリに応答しなければなりません。

↓↓の画像が「MY SOS」アプリでの定時連絡の様子です。

2日目

7:30 朝食配給

・ソーセージ
・小松菜の炒め物
・スクランブルエッグ
・ミックスビーンズとベーコンのトマト煮
・石窯プレーンリュスティック ライ麦ロール
・キャロットラペ
・キヌアのサラダ&フルーツカクテル

8:00 検温して専用サイトを利用して報告

12:00 昼食配給

18:00 夕食配給

・赤魚の塩焼き
・鶏肉の旨辛たれ
・ほうれん草のおひたし
・だし巻き卵と里芋
・野菜コロッケ
・あさりご飯
・玉ねぎのサラダ&カボチャのタルト

隔離生活を送った方の記事を読んだりすると、お食事に文句を言われている方が多かった様に感じます。

私にとっては久しぶりの日本のお弁当。とっても美味しくいただきました。

3日目

7:00 PCR検査

8:00 朝食配給

朝食メニューの紙が見当たらない、、

8:00 検温して専用サイトを利用して報告

12:00 昼食配給

最終日の昼食メニュー紛失、、

15:00 PCR検査結果陰性で無事に退所

政府指定のバスにて羽田空港第3ターミナルに連行されて現地で自由解散。ここからは自主隔離となります。

アパホテルの大まかな概要

wifiは無料で比較的高速です。

動画視聴や、インターネットも問題なくできました。

部屋に備え付けのテレビも無料でオンデマンドが視聴できるなど嬉しいおもてなし。お水、コーヒー、紅茶などは好きなだけもらえますので必要ならフロントに電話しましょう。

室内ので飲酒、喫煙は禁止です。

愛煙家には厳しい3日間となること間違いでしょう。

家族や、オンラインでのショッピングの配達は可能ですが、厳しい制限があります。

 

・常温で保存ができないもの(お寿司、お弁当、アイス、サンドイッチ、おにぎりなど)不可能

・アルコールも不可能

 

こちらが私の友人が差し入れしてくれた日本の美味しい食品や入浴剤。

数年ぶりの日本である私にとってはお宝ものです。

羽田空港で解散後は?

3日間の強制隔離が終わったら、羽田空港第3ターミナルへと連れてこられます。

ここからは自由解散となるので、はっきり言ってどこにでも自由に行くことができます。

モラルの問題です。

一応決まりとしては、自分で確保したホテル、レンタカーや知人の車などで自宅まで帰宅し残り11日間は自主隔離ということです。

公共交通機関を利用することは禁止!!

私と一緒にバスを降車した人たちを見ていると、みんな揃って各方面へと散って行きました。みんなどこ行ったんだろうねぇ。

私は、羽田空港第2ターミナルに隣接する「羽田エクセルホテル東急」に12日間宿泊しました。

東京の知人が車で迎えにきてくれ、ホテルまで送迎してくれました。

エクセルホテル東急羽田

私が自主隔離ホテルとして滞在したホテルは、羽田空港第2ターミナル横に隣接しています。

自主隔離が終わった足ですぐにチェックイン。

これから新しく11日間の自主隔離が始まります。

エクセルホテル東急羽田のお部屋

今回アサインされたホテルのお部屋はこんな感じです。

羽田エクセルホテル東急は、滑走路側に面しているお部屋が良いとされるお部屋。

残念ながら滑走路側ではありませんでした。

下の画像が私のお部屋からの景観です。

荷物置き場、セーフティーボックス、アイロンとアイロン代、シューポリッシュなど。

こちらがバスルームです。

トイレと一緒ですが、それなりの広さはある感じかな?

日本のホテルは、アメニティセットが外国に比べても充実しております。

トイレもウォッシュレット。

この辺はさすが日本といった感じでしょうか。

私の大好きな浴槽です。

3度の飯より好きなお風呂。

1日に3回はお風呂に入るのが理想です。

さぁ、今回の日本滞在ではお風呂に入れるのが楽しみの一つでもあります。

空気清浄機も完備。

空気清浄機があるのって日本だけですね。

他の外国で空気清浄機が備え付けられてるのは見たことがありません。

1人掛け用の椅子と丸テーブル。

十分なサイズのテレビもあります。

小さい冷蔵庫もあり。

写真には写っていませんが、湯沸ポットもありました。

ベッドも1人で寝る分には十分な大きさです。しかし枕があまり良くありません、、、残念!

自主隔離期間中のお食事

今回の自主隔離期間中、ホテルの宿泊代、食事の手配は全て自己負担となります。

日本到着後すぐに連れて行かれた強制隔離3日間の時には、一歩もお部屋の外に出ることが不可能。

しかし自主隔離は基本的に自由に外に出ることが物理的に可能。

自主隔離期間中も「MY SOS」アプリによる位置情報の確認は毎日行われます。このアプリによるビデオ通話も含めて、登録したホテルや待機場所にいなければならないという決まりがあるわけです。

裏を返せば、それ以外の時は違う場所にいてもバレなければ良いのか??

先ほどもお伝えしましたが、モラルの問題です。

日本のこういうハッキリしない状況を作ってしまうのが良くない日本独特の習慣です。

羽田エクセルホテル東急のお食事

宿泊した日の夜食。

ルームサービスでオーダーしたビーフカレー

アイスティーも一緒に。

「ルームサービスの和朝食」

とても豪華で朝からお腹がいっぱい。

これを6回ほどお願いしました。

「洋朝食」

こちらは3回ほどオーダーしたよ。

ルームサービス シェフの気まぐれハンバーグ」

ホテルの美味しいハンバーグです。

ルームサービス 飛騨牛A5ステーキ重 小鉢 お味噌汁付き」

言うまでもありませんが、海外ではなかなか食べることのできない日本のブランド牛。

とろける美味しさと味わいのある脂身。文句のつけようがありません。

小鉢の貝柱も素敵なコクのある味付けを堪能しました。

「夕飯に食べたコース料理」

前菜:岐阜県産天然郡上鮎のコンフィクスクスサラダ

メイン:チキンのグリル香草風味 メキシカン風アボカドとサラダを添えて

デザート:クリームあんみつ

羽田エクセルホテル東急にあるレストランの正面はこんな感じ。

飛行機好きにはたまらないレストラン。

「FLYER’S TABLE」

レストラン内には、リアルタイムで離発着が見れる大型スクリーンがあります。

第2ターミナルは全日空ANAの出発ロビー。

羽田エクセルホテル東急のレストラン「FLYER’S TABLE」には、飛行機模型(スケールモデル)も多く展示されています。

飛行機マニアには本当に聖地とも言えるのではないでしょうか?

「別の日に食べたコース料理」

前菜:魚介のお刺身盛り合わせ風 醤油とバルサミコのレディクション わさびオイルを添えて

メイン:豚ロース肉のソテー ソシャールソース 温野菜添え

デザート:カモミールハーブティー クリームあんみつ

「別の日のコース料理」

前菜:魚介のスープ ブイヤベース風 ガーリックトースト添え

メイン:オマール海老のスパゲティ

デザート:カモミールハーブティーとクリームあんみつ

「別の日のコース料理」

前菜:シーザーサラダ 生ハム添え

メイン:大分郷土料理 琉球丼(漁師飯)お味噌汁 小鉢付き

デザート:クリームあんみつとカモミールハーブティー

「別の日の夕食 コース料理」

前菜:岐阜県産天然郡上鮎のコンフィクスクスサラダ

メイン:鮮魚のソテー プロヴァンス風

デザート:カモミールハーブティーとクリームあんみつ

「最終日のフルコース料理」

前菜:マリネサーモンカルパッチョ風サラダ

前菜2:フォアグラのフラン カボチャ、茸の温かいエスプーマ フォカッチャを添えて

メイン1:マリネサーモンのグリル 茄子のムニエルとポーチドエッグを添えて

メイン2:国産牛フィレ肉のジビエ風 ポワブラードソース さつま芋のニョッキを添えて

デザート:モンブランとバニラアイスを添えて

デザート:カモミールハーブティー

ある日のランチで食べた「ブラックシーフードカレー」

ここまでが羽田エクセルホテル東急のホテルで食べた自主隔離期間中のお食事です。

しかし、12日間ともなるとホテルの中だけではさすがに飽きがきます

実際には羽田空港内ターミナルのレストランや空港コンビニでも。

羽田空港内グルメ

信州あずみ野(羽田空港第2ターミナル)

ざるそばと松茸ご飯

葉わさび蕎麦

羽田空港内第2ターミナル

厚切り牛タンと麦飯のセット

羽田空港第1ターミナル地下にある「うちのたまご」

卵かけご飯を食べました。

・ご飯2杯
・卵2個
・お漬物
・昆布の佃煮
・粗削り鰹節
・アオサのお味噌汁

ローソンで購入した「つけ麺とチョレギサラダ」

うなぎと肝焼き

日本滞在中には美味しいものをたくさん食べることができました。

ホテルでの宿泊代、食事代は会社が負担。感謝です。

羽田空港周辺でおすすめ自主隔離ホテル

私の場合は羽田エクセルホテル東急にて自主隔離を過ごしましたが、人によって予算や状況が違うはず。

羽田空港からは政府指定の無料シャトルバルが運行しているので、その周辺ホテルをご案内します。

 

それでは、今回はこの辺で!

ゆうとぴあでした。

ゆうとぴあ
ツイッターやインスタではブログ情報や写真を発信しています!気になる方はゆうとぴあ(@cruiselexus)をフォローしてね♫
ゆうとぴあ
インスタグラム→(@cruiselexus)
ツイッター→ゆうとぴあ