クルーズ船で働く料理人シェフの気になる仕事と役職ってどんな感じ?

ごきげんよう♬

ゆうとぴあです♪

新型コロナの影響を受けて在宅業務の方も多いでしょう。

クルーズ船で働くクルーは、クルーズに乗船してくださるゲストとクルーズ船が動かなければ成り立たないお仕事。

約1年間にわたり世界中のクルーズ船が大打撃を受けた業界のひとつですが、やっと再開の目処が立ってきました。

現在は7月3日から再開されるクルーズに向けての準備段階中!

勤務形態、仕事スケジュールや内容に大きな変化が生じています。

ここをクリックで生存確認(現在地)がわかります。

このブログ記事でわかること豪華客船で働く料理人(シェフ)の気になるランク(役職)や仕事で得られる素敵な経験

旅行が好きですか?世界のあらゆる場所へ行って文化の違いや歴史を学んだりするのが好きですか?

クルーズ船の料理人として働くと、仕事をしながらそれらを体験することができちゃうんです。

私が2017年から船で仕事をしてきて感じた一番大事な事!

クルーズ船の料理人としてお仕事をすることで身につけることができるスキルは?

クルーズ船のキッチンは特殊で料理の質やレベルが高い環境。世界中で通用するプロフェッショナルな技術を磨けることが一番の魅力だと思います。

自分が料理人としてどこまでのレベルを目指すのか?

人によって違うと思いますが、言葉では言い表せない素晴らしい経験ができるのだけは間違いありません。

たくさんある船内レストラン

豪華客船に乗船したことのある方は想像できると思いますが、船内には数多くのレストランがあります。

朝食、昼食、夕食、さらにはスペシャルなパーティでの食事やビュフェ、プールサイドで食べる軽食や特別な食事などが船内では提供されます。

私の乗船する船にはミシュラン3つ星のレストラン、お寿司専門など様々なスペシャリティなレストランがあります。

こちらがアメリカにあるミシュラン3つ星レストランの「トーマスケラーグリル」

ニューヨークでは予約の取れないレストランとして有名です。

そしてこちらがお寿司屋さん。

多くのクルーズ船にお寿司屋さんがあります。

私の乗船する船では、日本人シェフが居るので、それなりのお寿司をご提供しています。

ゆうとぴあ
海を眺めながら食べるお寿司は最高の贅沢です!

船旅の楽しみは食べること

豪華客船に乗船して船内で生活する楽しみの一つはなんといっても「お食事」

クルーズ船によって違いはあるものの、高級度が上がるほど食事内容も◎。

安い料金で乗船することのできる豪華客船と、高い料金でしか乗船することのできない船では食事の質が全然違うのがこの世界の常識です。

ある日のメインレストランでのメニューはこちらです!

ゆうとぴあ
ラグジュアリー船で提供されるお料理は、カジュアル船やプレミアム船とは全然違う食材と品質です。

合わせて読みたい!

24時間体制のシェフ達

船で働くシェフ達はゲストの為、船で仕事するクルーやスタッフのために食事を作るのがお仕事です。

24時間体制で仕事に従事しております。

船によって違いますが、私の働く船の料理人の契約期間は大体4ヶ月。この4ヶ月の間は1日のお休みもなくお仕事をすることになります。

最初は大変だと感じるけど、人間の慣れとは素晴らしいスキル。慣れると気にならなくそれが当たり前と感じるのです。

それでも最後の方は疲れの溜まり方が半端ない。

契約が終わった日の喜びは何事にも変えられないほどテンションが上がります。

しかし船や自分の地位によっては6ヶ月だったり8ヶ月だっりするクルーズ船も。

私の以前働いていた違うクルーズ船の会社での契約は6ヶ月。

それに比べると4ヶ月はとても短く感じます。

4ヶ月の契約が終了すると2ヶ月の休暇。

これのサイクルの繰り返しが一般的です。

クルーズ船シェフのランク役職

上から役職の高い順になります。

🔶Executive Chef(エグゼクティブ シェフ・総料理長・社長)

🔶Chef de Cuisine(シェフ デ クイジン・料理長・専務)

🔶Executive Sous Chef(エグゼクティブ スーシェフ・副総料理長・常務)

🔶Sous Chef(スーシェフ・副料理長・部長)

🔶Jr Sous Chef(ジュニア スーシェフ・副料理長アシスタント・部長代理)

🔶Chef de Partie(シェフ デ パーティ・部門長・課長)

🔶Demi Chef de Partie(デミ シェフ デ パーティ・副部門長・課長代理)

🔶1st Commi(1st 有資格シェフ・係長)

🔶2nd Commi(2nd 有資格シェフ・主任)

 

上の図にも記載しましたが、料理長から私の働く船では1人部屋になります。

担当が決まっている

この階級の中からさらに深く掘り下げると、

🔹Saucier(ソーシエ)

料理で大事なソースを専門に作るシェフ

🔹Fry Chef(フライシェフ)

揚げ物担当。

🔹Grill Chef(グリルシェフ)

焼き物担当。

🔹Roast Chef(ローストシェフ)

ロースト担当。

🔹Garde manger(ガルマンジェ)

サラダや、冷製オードブル、カナッペやサンドウィッチなどを担当。

🔹Fish Chef(フィッシュシェフ)

お魚担当。

🔹Sushi Chef

お寿司担当。

🔹Fish Buther(魚屋さん)

料理で使う全部の魚を準備します。

🔹Meat Butcher(お肉屋さん)

料理で使う全部のお肉を準備します。

🔹Vegetable Chef(ベジタブルシェフ)

料理で使う全部の野菜準備します。出来上がる料理に合わせて、あらゆる形や大きさにカットします。

🔹Pastry Chef(ペイストリーシェフ)

デザートやお菓子、パンなどを作るシェフ

クルーズ船で働くメリット

長期間にわたって仕事をするクルーズ船のクルー達。

今回はメリットだけを考えてみました。

 

・宿泊がフリー

・食事も3食フリー

・乗船する場所まで飛行機代もフリー

・医療費もフリー

・クルーズ利用も格安割引あり

・クルーバーも格安

 

1番のポイントはお金がかからないと言う事。

ゆうとぴあ
寄港先でお金を使わなければ毎月0円で生活ができちゃいますよ!

まとめ

豪華客船で働くシェフの世界は毎日が時間との戦いです。

決められた時間までに質の高い料理を提供しなければなりません。

作る量も普通のレストラン以上が要求されます。

夕食時のレストランで働くシェフ達はまるで船上(戦場)違い!うまい、、、

慣れるまでは大変だけど、クルーズ船での生活に慣れてしまうと良い面の方が多い気がします。

世界中を見ることのできるクルーズ船でのお仕事。

この記事だけではお伝えできない魅力でいっぱいの素敵な職場です。

 

ブログランキングに参加中。

あなたのクリックで次の記事のやる気が出ます!


クルージングランキング

それでは、今回はこの辺で!
ゆうとぴあでした。

ゆうとぴあ
ツイッターやインスタではブログ情報や写真を発信しています!気になる方はゆうとぴあ(@cruiselexus)をフォローしてね♫
ゆうとぴあ
インスタグラム→(@cruiselexus)
ツイッター→ゆうとぴあ

 

合わせて読みたい!