日本食激戦区!ホーチミンでおすすめの日本食レストランをご紹介!!

 

2020年1月25日〜26日(ベトナム・ホーチミン)

ごきげんよう♬

ゆうとぴあです♪

世界を周遊する客船でお仕事をしながら、今日も世界のどこかを旅しています。

そんな客船は超がつくほど豪華な船です。

でも、、

お客さんは豪華な気分を味わえても、私は働き蜂のごとく毎日お仕事をしてるんですよ♪( ´θ`)

それでもお金を稼ぎながら、世界各国の名所を見て回れるので、幸せな毎日を過ごしていると思います♫

こをクリックで生存確認(現在地)がわかります。

 

このブログでわかることホーチミンでおすすめできる日本食レストラン

 

ベトナムのホーチミンに1年ぶりにやって来ました!!

今日は、春節!

いわゆる旧正月であり、ここベトナムでも旧正月をお祝いします。

普段に比べて閉店しているお店がほとんどでしたが、今回は「食とマッサージ」に集中できましたw

今回の記事では、ホーチミンでおすすめの日本料理屋さんをご紹介したいと思います。

マッサージについては、後日改めて記事にします!

 

ここホーチミンには、皆さんが想像している以上にクオリティが高く、コスパの良い日本食屋さんが存在するんです。

日本のお店が支店として出店しているケースも多いので、レベルの高い日本食を食べることができるのですね。

日本から訪れる旅行者の方には、わざわざベトナムに来て日本食を食べる理由がない方がほとんどかもしれません。

でも、年配の方や、脂っこい料理に少し飽きて、日本食が恋しくなることもあるかもしれません。

また、私のように海外在住者がベトナムに来た時には、絶対に日本食を食べたくなるはず。

そこでこの記事では、ベトナム料理の定番でもある「フォー」とかではなく、あえて「おすすめできる日本食レストラン」を紹介してみました。

目次が邪魔な方は、「閉じる」「hide」をクリックで閉じられます

レタントン地区の日本人街


ホーチミンの日本食を語る上で、日本人街を避けることはできません。

レタントン地区といえば、日本人街がある場所。

ホーチミン在住の日本人であれば必ず訪れる場所です。

私は今までに世界44ヶ国ほど訪れていますが、ここまで日本人街として海外で根付いている街は見たことがありません。

それだけホーチミンの日本人街は海外にいながらにして、日本を体験することができちゃいます。

もう、本当に日本のお店しかありません。

コンビニだって、ホテルだって、飲食店だって、マッサージ店だって、ぜーんぶ「ジャパン!!!」

コンビニは、セブンイレブンだったり、ファミリーマート、サークルK、ミニストップがありますよ。

売っているものも、日本の商品がほとんどです。

Fujiro

さすが、日本食レストラン。

外を歩いていると、日本が誇るクオリティの高い食品サンプルが目を引きます。

とんかつや、豚肉などを主に扱うお店の「Fujiro」さん。

今日は、春節ということもあって、当初目的にしていたお店が閉まっていたので、「Fujiro」さんに入店してみました。

結論からお伝えしますが、入店してびっくり!

これだけのクオリティの高い料理がベトナムで食べれる事に、驚きました。

初めての入店で注文したのが、「ロースカツ&大海老フライ定食」

先に、小さなすり鉢に白ゴマが運ばれて来ました。

ちょっとした事ですけど、外人の人にはこういうパフォーマンスってとてもウケが良いなぁ!と思います。

運ばれて来た白ゴマちゃんを、ゴリゴリしましょう。

さぁ、お楽しみのお料理がこちら!!

ジャーン!!

どうですか?

見た目も美味しそうでしょう?

まず、ご飯は新潟のコシヒカリを使用。

そこに大きなガスで炊いたご飯。

お水もきちんと日本の企業の浄水器で蒸留されたお水。

これで美味しく炊けないわけがありません。

お米の柔らかさもちょうど良い加減。

メインのロースカツもびっくりする柔らかさ。

揚げ具合も最高!

大海老フライ!

字のごとく、本当に大きいエビです。

しかも頭も切り離して衣を丁寧につけて揚げてくれているので、残すところなく全部いただけちゃいます。

久しぶりに、美味しい日本のお食事を堪能させていただきました。

ちなみに汁物は豚汁でしたが、これもまた絶品。

従業員教育もしっかりと、飲食店としてのお掃除も隅々まで完璧に仕上げられていました。

掃除ってやっぱり1番大事な基本です!!

Japanese Dining Bar IROHA

こちらもレタントンの日本人街にある居酒屋さん。

 

夜のお仕事が終わって、近くでマッサージを受けている最中に、船で働く知人たちが、このお店にいるから来て欲しいとのお誘いを受けて行って来た食事処。

夜の12時を過ぎていたけど、空いているのが嬉しいですね。

店内のメニューは、完全に日本の居酒屋さんです。

働いているベトナム人の店員さんたちも、多少の日本語が話せるのが嬉しい。

今回は、サーモンのロール、ざるそば、天ぷらなどを注文しました。

お酒もたくさんの種類があるので、友達と一杯飲みたい時にもオススメですね。

牛角(焼肉)

言わずもがな、日本の全国チェーン店の焼肉屋さん。

ここベトナムにもその支店があるんです。

ホーチミンの牛角は3回訪れましたが、今日はとても美味しく感じました。

日本で牛角ってあまり行ったことがありませんでしたが、海外で焼肉を食べるのであればオススメなのかも。

これをみてみると、牛角さんは世界中にあるんですねぇ。

店員さんも、日本語が通じるので安心です。

どおですか?

美味しそうな焼肉でしょう!!!

はい。とっても満足するランチでした。幸せです。

麺場・田所商店

 

今回のホーチミン訪問時は、春節のためお休みでした。

前回初めて食べた時の印象が結構良かったので、また次回行ってみたいと思います。

田所製麺のオススメは何と言っても「味噌ラーメン」

「味噌」を海外に広めるという目的で進出しているこちらのお店。

「みそ」に対しての自信と愛情を感じる事ができる一品の「味噌ラーメン」だと思います。

日本にもあるので、知っている人もいる有名なラーメン屋さん。

前回食べた時は、少しだけしょっぱいかなぁと感じましたが、ベトナムのような暑い地域では、ちょうど良い塩加減なのかもしれません。

龍神

こちらもラーメン屋さん

日本人街の路地裏にあるお店です。

春節である今回の訪問時はお休みでした。

前回訪れた時には、エビ味風味のラーメンだったような気がしますが、普通に美味しかったです。

ラーメン以外にも、油淋鶏や丼もの、定食メニューもあるのでオススメのお店です。

ラーメンは世界的に人気のあるヌードルという位置付けになってきています。

ホーチミンには、有名な一風堂もありますが、私はまだ行っていませんがいつみても人気があるお店です。

バインミー

 

番外編として、ベトナムに来たら必ず食べて欲しいのがバインミー。

バインミーはパンを総称してそう呼ぶらしいですが、、、、
あちらこちらで見かけるフランスパンのサンドイッチ。

具材がとても特徴的なのでぜひ一度召し上がってみて。

パッと見だと、それほど美味しそうには見えませんけど、、、ところがどっこい、、、

食べてみるとあまりにもの美味しさにびっくりするんです。

世界の色々な国でベトナム人が経営するお店でバインミーが売られていたりしますが、やはり本場で食べるバインミーが絶品。

どこの国でも、本場ほど美味しいバインミーは食べられません。

しかも150円という格安さが素晴らしい。

まとめ

ベトナムのホーチミンで日本食を提供してくれるお店は数多くあります。

日本人が経営するお店は基本的に日本人好みの味だということ。

海外にありがちな日本食レストランで、コスパが悪くて味も美味しくないというようなものは、比較的少ないかなと感じます。

海外の日本食屋さんによくあるお話ですが、日によって味が全然違う!というような事もあまりないお店を厳選しました。

比較的クオリティのばらつきが少ないお店をご紹介しましたので、だいたい満足していただけると思います。

ベトナムの通常の物価から比べると高く感じますが、日本の生活水準で考えると、そこまで高くないホーチミンの日本食。

レタントン地区の日本人街は、日本人の方が多く訪れるので、日本食激戦区です。

旅行中に日本食が食べたくなっても、ホーチミンであれば何の心配もいらないということですね。

ラーメン、トンカツ、定食屋、お蕎麦、うどん、カレー、居酒屋に至るまで「何でもあり!」というほどの充実ぶり。

それだけ、日本の駐在員も多く住んでいるということなので、いつでもそれなりの美味しい日本食が食べられるというわけです。

ひと昔前の海外で食べる日本食とは違う、クオリティの高い日本食もぜひお試しになってくださいね。

 

他の方のクルージングブログも面白いですよ。
クルージングランキング