豪華客船クルーズ船のクルーのお部屋・クルーキャビンとは?

2017年某日

豪華客船で一度は船旅を!!なんて思っている方も多いはず。

豪華客船のクルーになれば世界のいろんなところにお金をもらいながら行けちゃいます。

動機はなんであれ、客船でクルーとして働きたい人、乗客として乗船して旅をされたい方がこのブログを見てくれているようです。

今日はクルーとしての生活の一部でもある、クルーキャビンについてお話させて頂きます。

 

私が仕事をしていた一つ目の船には約2000名のクルーがお仕事をしています。
かなりの数ですよね。

みなそれぞれ部署は違います。

船内で働く人たちには、それぞれ、オフィサー、スタッフ、クルーという呼称が存在します。

いわゆるランク付けがあるわけです。
オフィサーと呼ばれる人たちから順にスタッフ、クルーというランク付けになります。

ランクによって、またそのランク内でもさらにランクが存在します。

したがって、キャビンはランクによって決まってくるわけですね。

オフィサーとよばれるレベルの人で上のランクになるとそれぞれ個室で素敵なお部屋が与えられます。部屋自体もとても広くて普通にビジネスホテル並みです。
また、毎日お部屋を掃除してくれるハウスキーピングの人もつくんですね。

その次に、スタッフ、、、、そしてクルーというランクですので、
スタッフは二人部屋でトイレとバスのお部屋です。冷蔵庫も付きます。

最後にクルーですが、クルーでも上の人は冷蔵庫付きの二人部屋です。
トイレも二人でシェアします。

その次になると、冷蔵庫なしの二人部屋。トイレは二人シェアの部屋と四人でシェアするお部屋に分かれます。
また、船自体は16階あるのですが、一番下の階層では二階から始まります。
二階や三階のキャビンだと完全に水の中に位置することに。(笑)

万が一船の事故で浸水した場合は間違いなく最初に被害にあいますよね。

以前のブログでもお話したと思いますが、船内では一週間に一度の割合でクルーラウンドというキャビンの点検が行われます。

これはクルーの人たちのお部屋だけランクの上の人が確認する作業です。
ベッドのシーツをピーンと張り、ごみ箱は空にして、あらかじめ報告していない電気機器類はコンセントから外して隠し、ベッドの上にはライフジャケットと帽子と防寒具、そしてブルーカードをきれいに並べて置いておかなければなりません。

クルーラウンドはほとんどの場合、朝方の9:30頃から開始されるのですが、その間は部屋にいると怒られます。休憩時間の時なんて部屋にいられないので、最悪です。(笑)

また、トイレ内や、シャワーカーテンなどもきれいにしておかなければなりません。

最高で四人部屋があるようですが、、、ちょっと狭そうですよね。
部屋のキャビンメイトとなる人は、100%の割合で同じ部署の人です。また人種も世界各国からきていますので、ほとんど同じ国の人同士で相部屋になるように、部屋割りも考えられています。

毎日のお仕事で疲れ、唯一リラックスできるのがキャビンなので、それぞれ工夫を凝らし快適に過ごせるようにしています。

最後のおまけ画像

厨房内です。




使いやすさ抜群!!
WPテーマ「ハミングバード」

当ブログでも利用している初心者にも使いやすくて、綺麗で見やすさ抜群。スマホからの見やすさ、操作性も文句なし。わかりやすい操作性でSEO対策も。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です