クルーズ船での仕事が開始!いったいどんな感じなの?

昨日から念願の客船でのお仕事がついに始動しましたが、このブログを書いている二日目にしてすでに数か月働いた感じの疲れを感じております。環境に慣れていないということが一番の原因ですよね。

何をやろうとしても、勝手がわからない。
船の中を歩いていても常に迷う。クルーの人たちは基本的にお客様のエリアを歩くことを禁止されています。部署にもよりますが。移動はクルー専用の通路があってその中を移動しますが、そこが迷路のように入り組んでいるのですね。

 

私の乗船している船には1200人のクルーがそれぞれの部署で仕事をしております。仕事をして二日目ですが、あくまでも私が接してきた人たちのほとんどは、フィリピン人、インド人です。部署にもよりますが、基本的にフィリピン人とインド人はかなりの人たちが仕事をしています。

彼らたちは自分たちの国で仕事をするより、船でお仕事をしたほうがお給料がいいという理由で仕事をしているみたいです。契約期間も9か月という人たちがほとんどで、皆がみんなほぼほぼ疲れております。

ちなみに私の同居人はインド人でした。。。しかし、明後日は韓国着。そこでルームチェンジがあるようです。私は今よりも少しだけ良い部屋へ移動できるとのことです。やったー。

同居人は26歳のようですが、あまり気が利く人ではなく、ちょっと疲れます。二日目にして疲れている原因は、、そうです。部屋での生活に不満があるからなのですね。

ま、あと二日の我慢ですからね。なんとか我慢、我慢です。

さて、昨日の夕方から仕事が本格的にはじまりましたが、、、どこに何があるのかもわからず。
それは、はじめてなので仕方がないのですが、、、新人っていうのは疲れますね。

 

 

新人のクルーは最初の一週間は仕事以外にも様々研修を受けさせられます。今日は、環境に関する研修を一時間半くらい受講したました。その後、クルーの人たちが持たなければならない、IDカードを発行するためにセキュリティーオフィスへ。通称ラミネックスとも呼ばれるこのプラスチック製の顔写真入りのバッヂは、船を下船して観光するときなどに必要だそうです。
これがないと船から降りられないとか。。なんとなくかっこいいこのバッヂ。

その後も、振り込まれたお給料を引き出すためのカードの発行やら、なんちゃらかんちゃらがいろいろありました。すきを見つけて、クルーメスと呼ばれるクルー専用の食堂で食事を食べて、仕事場へ戻ります。

昨日初対面した、僕に仕事を教えてくれるクリスチャンというフィリピン人の男性。とっても愛想のある人です。よかった~。

しかし、彼は明後日の韓国で契約終了のため下船するようです。残念ですね~。彼はほんと優しくいろいろと教えてくれますし、面白い。

なんでも彼が下船した後にその空いた部屋に私が入るようです。

仕事以外にもいろいろ教えてくれます。船の中には、廊下で髪の毛を切ってくれる人や、部屋でこっそりとソフトドリンクや、お酒や水を販売する女性の人などなど、、みんな商売上手です。需要と供給の方程式が成立しているようです。それをやっているのはほぼほぼフィリピン人。この船ではタガログ語を話せるときっとかなり生活しやすくなるんだろうなぁ~と思います。

昨日は仕事終わりに行ったクルーメス(食堂)で、乗船日が一緒だった日本人の女性に会いました。
その子はバーテンダーとして乗船しているようですが、初日はやっぱり大変だったようです。

慣れるまで結構時間がかかりそうな感じがする二日目です。

 




使いやすさ抜群!!
WPテーマ「ハミングバード」

当ブログでも利用している初心者にも使いやすくて、綺麗で見やすさ抜群。スマホからの見やすさ、操作性も文句なし。わかりやすい操作性でSEO対策も。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA