豪華客船クルーのお仕事初日は何をするの?

2017年10月9日 横浜大さん橋

 

ブログを書き始めて豪華客船でお仕事をされたい方や、クルーズ船で旅をされたい方からお問い合わせを頂く事があります。

答えられることでしたら、喜んでお答えさせていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

過去に書いた記事もたまに修正したり、画像を掲載したりしてますが、私が振り返ってみてまだ書いてなかったことでお問い合わせがあったりしたことを今日は書きたいと思ます。

初日に何をするの?

最初に言っておきますが、初日からいきなりお仕事をやります。

★初日の流れ

・乗船

・契約書にサイン

・制服、リネンを受け取りに行く

・部屋へ行く

・担当オフィスへ行く

・ランチを食べる

・人事部で研修を受ける

・担当オフィスへ再度行く

・仕事開始

 

↑の様な流れです。

乗船

ドキドキしながら、乗船です。はっきり言ってこの瞬間は超緊張していたのを覚えています。乗船時には、船の下層部にある入り口から乗船しました。スロープになっている渡橋を渡ります。

緊張しながらも携帯でパシャリ!!

スーツケースももちろん自分で持ちながらなので、荷物が多い場合、ちょっと苦労するかもしれませんね。

 

 

一歩踏み入れて最初に出会う人は、船の専属セキュリティ部門の方々。全ての荷物(スーツケース含む)を、エックス線のベルトコンベアーに載せます。人間はもちろん金属探知機を通らなければなりません。

 

 

私は仕事柄、普通の人は持ち歩かないものを所持しいていたので、スーツケースを開けさせられ、いったんセキュリティオフィスの方に、預けさせられました。

 

セキュリティチェックも無事に終わると、持ってきた荷物を一か所に置いて、クルーバーへと誘導されます。

初めてみた船内の廊下!!!

契約書にサイン

クルーバーに集められたNew Joiner(ニュージョイナーと呼びます)達は、書類と封筒を渡されます。

封筒の中には、契約書や今後の予定、部屋の鍵、などなど重要なものがたくさん入っています。契約書の内容を確認して署名をします。

 

 

自分のパスポート、健康診断の原本をクルーオフィスの人へと渡します。契約書のサインが終わると、働く部署ごとに分けられて、各部署の担当者が迎えに来てくれます。

この担当者が迎えに来てくれる間も、常にドキドキでした。平静を装っていましたけどね(笑)何度も仕事をしている人たちは、顔見知りなんでしょうね。いろんな話をしながら盛り上がっていました。

制服・リネンを取りに行く

担当者が迎えに来てれた後は、これから毎日着用することになる制服と、ベッドなどのリネン類を取りに連れて行ってもらいます。

制服はそれぞれ上下3着づつ、靴一足、バスタオルや、枕カバー、シーツなどをもらい受けます。必要書類にサインをします。

 

 

制服の大きさですが、L、M、S、とありますが、アメリカサイズです。Lだと、日本でいうとLLよりも大きい感じがしました。最初は自分の着用する制服のサイズが難しいかもしれません。。。。

船内のランドリーを請け負う部署ですが、船体でいうと二階。水面よりも下です。はじめての船内では、どこに何があるのかさっぱりわかりません。迷子になります。

もう一度戻って来ようとしても、絶対に無理。

 

 

最終的にはわかるようになりましたが、しばらく不安で不安で、、、出歩くのが嫌になったくらいです(笑)

部屋へ行く

いよいよこれから生活するお部屋へ移動です。緊張します。。。常に緊張するのが初日ですね。

自分の持ってきたスーツケースや、制服、リネン、キャリーバッグを持ちながら部屋へと案内されます。この時点で相当な荷物なので、両手、両脇がすべてふさがっています。階段を下りたりするときは、数回往復しなければなりません。

 

 

部屋へと案内され、カードキーを使って緊張の瞬間です!!

部屋は二人部屋です。が、、、誰もいません!!キャビンメイトはきっと仕事中なのでしょう。二段ベッドの上が私の場所のようでした。

 

 

まずは荷物をおき、クローゼットや、トイレなどを確認。うーん、、思っていたよりも狭いぞ。。。でも住めば都っていうじゃないですか。きっと慣れるはず。

 

気になるキャビンメイトはインド人のようです。

部屋で少し荷物の整理をしていると、ドアがガチャ!!と開きました。おおお!!キャビンメイトが入ってきました。名前はビガッシュ!!なんとも呼びづらい名前です(笑)

いきなりの質問攻め。話はそこそこに10分くらいでまた仕事へと戻っていったビガッシュ!!あとでゆっくり話しましょうね。

 

担当オフィスへ行く

自分が働く担当オフィスへと向かいます。

船内はかなり大きいので、100%迷子になります。キョロキョロしながら歩いているので、誰から見ても新人なのがバレバレです。

迷子になっているのに、平静を装った回数、いざ知れず。「Are you OK??」と聞かれても、「OK」と答えたり!!ほんとは全然OKじゃないですからね。

 

 

やっとのことで、オフィスへ到着。そこで、今後のスケジュールや、船員が所持しなければならないブルーカードというものを貰い、説明を受けます。

船内で働くクルーは世界各国から集まっています。ネイティブのEnglishスピーカーもいますが、ほとんどのクルーは英語ではない母国語です。

基本的にペラペラの人が担当オフィスにいるのですが、アクセントがあったりする関係上、聞き取りが慣れるまで少しだけの時間を要しました。

 

 

よく、このブログの読者さんからされる質問が、英語力のこと。

話せるに越したことはないですが、みんながみなペラペラなわけではないです。どちらかというと、ブロークンな英語といえばいいのでしょうか、、、崩れた英語を喋ている方がたくさんいます。

もちろん、働く部署によっては完ぺきな英語力を求められる部署もありますが、、、、

 

ランチを食べる

最初のランチ!!クルーメスといわれるクルー専用の食堂でランチを食べます。

バイキング形式で、インド料理のセクションとフィリピン料理のセクションに分かれています。パンや、フルーツ、シリアル、飲み物も。。

 

 

おおお!!と最初は思いましたが、一か月もしないですぐに飽きるでしょう!!(笑)キッチンで働く人と仲良くなったりすると、こっそりと何かをもらえたりもするようです。

はじめてのクルーメスでのお食事です。ドキドキしながら食べるご飯。味なんて覚えていません(笑)

 

人事で研修を受ける

担当オフィスで1時間ばかりの説明を受け、ランチを食べた後は人事オフィスへと移動して研修を受けます。

新人研修という名目の研修です。会社に関する事、船内の安全性に関することなど、環境への配慮、様々な内容の動画を見たり、実際に船内の安全装置を学んだり、、、、、、結構大変です。

二時間くらいでしょうか。初日の研修はこれで終了ですが、、、、研修はまだしばらく続きます。

 

担当オフィスへ再度

人事での研修が終わり、一度部屋へと戻ります。

さて、制服に着替えるときがやってきました。はじめての制服です。慣れない制服なので、すこしばかり照れちゃいます。。

まだまだ制服に着せられてる感がありますが、そのうち慣れるでしょう。

 

 

ドキドキと初めての制服に照れながら、担当オフィスへと向かいますが、やっぱり迷ってしまいます。しつこいですが、迷路のような船内。

やっとの思いで担当オフィスに到着。そこで待つこと数十分。

さらに自分のこれから上司になる人が迎えに来てくれます。どきどき。。。。。。

 

仕事開始

ついに、、、やってきました。

豪華客船での初仕事。時間にして、夕方4時頃だったでしょうか?

船内には、今日から船旅をするお客さんで埋め尽くされています。横浜を出港するのが五時なので間もなく出航です。

 

乗客の皆さんはとても楽しそうです。

私はといえば、初仕事に緊張が止まりません、、

初仕事の初クルーズが始まります。今日はこのあと夜の22時までお仕事。

長い一日でしたが、あっという間に時間が過ぎていきました。


客船クルーが暴露する豪華客船クルーズ船の”㊙”情報はコチラ

⇒今すぐ確認する