サントリーニ島おすすめレストランとぼったくりレストランを現役クルーがご紹介!

2021年8月某日

ごきげんよう♬

ゆうとぴあです♪

2020年に発生したコロナの影響でクルーズ業界も大打撃。

一年以上もクルーズがストップ。

2021年7月3日からギリシャ周辺のみを航海することでようやくスタートしました。
そんな客船は超がつくほど豪華な船です。

でも、、

お客さんは豪華な気分を味わえても、私は働き蜂のごとく毎日お仕事をしてるんですよ♪( ´θ`)

ここをクリックで生存確認(現在地)がわかります。

このブログ記事でわかることサントリーニ島のおすすめレストランとぼったくりのレストランに注意すること!

一生で一度は行ってみたい場所に毎年必ず選ばれる世界中で有名なエーゲ海に浮かぶ島。

サントリーニ島。

テレビやCM、SNSなどで見たことがある人が多いと思います。

何度来ても飽きることのない素敵な街並み。

たくさんのお土産屋さん、レストランがありますがどこに入ったら良いのか分からないはず。

何回も訪れた私がおすすめのレストランと注意するべきぼったくりレストランをご紹介します。

サントリーニ島おすすめレストラン

サントリーニ島のイアにある「SKALA」というレストランがおすすめ。

基本的に有名な観光地なので値段設定は強気のサントリーニ島。

そんな中でも比較的良心的な料金とフレンドリーなサービス。

もちろんお料理の内容も美味しいことは言うまでもありません。

場所:

OIA SANTORINI
84702 Oía

イアの有名写真撮影スポットから歩いてすぐの場所にある「SKALA」

観光客が歩く通りにありますが、本当におすすめです。

立地は良い場所です。

お店は12時から。

私は12時3分ごろ到着しましたが、まだ開店前。

さすがギリシャ。その辺はアバウトなのです。

少し周りを散策してから戻ってみるとすでにお客さんが結構座っていました。

席に案内されてメニューを渡されます。

お店の雰囲気はこんな感じです。

 

サントリーニ島おすすめレストランでランチ

まずはサントリーニ島名物でもある

トマトのフリッター!ドマトケフテデス

え??

何それ?って思ったあなた。

ぜひサントリーニ島に来たからには一度はお試しください。

トマトのフリッターはギリシャのレストランで前菜としてメニューで見つけることができます。元々はサントリーニ島の郷土料理。サントリーニ島で栽培された汁気の少ない味の濃いトマトが良いとされてます。

タコの足

ギリシャのレストランへ行くと必ずと言って良いほどメニューにランクイン。

タコの足。

グリルで焼いたタコなのですが、柔らかくて美味なのです。

日本ではあまり食べることのないタコの足だけの料理。

レストランの場所によってソースや仕上がり具合が違うので面白い。

お会計方法

ギリシャは基本的にテーブル会計。

カードでの支払いもOK!

チップは基本的に必要ないですが、気持ちの良いサービスを受けたと感じた場合には少しばかりのユーロでチップを置いていきます。

サントリーニ島で注意するぼったくりのレストラン

景色や建物がとても美しい島のサントリーニ島。

テンションが間違いなく上がる場所。

しかし、浮かれてばかりいるとぼったくりの被害にある事案もあったりするので注意が必要です。

Stsmna Gardenには注意!

フィラのマクドナルド近くにあるこちらのレストラン。

お店の前では愛想の良い店員が呼び込みしていますが、絶対に注意してください。

店内に入店して渡されるメニューには価格が表示されていません。

店前に置いてあるメニューの料金表示は手書きで毎日書かれる時価設定。

何も知らず入店してオーダーすると、とても高額な観光客料金を請求されます。

料理も特に美味しいわけではありません。

場所:

必要以上に呼び込みを勧めてくるレストランは注意が必要です。

これは日本でも同じ感じかなぁ〜と思います。

世界共通なのですね。

サントリーニ島おすすめレストランのまとめ

夢にまでみたサントリーニ島。

初めての場所では分からないことだらけです。

せっかく訪れた場所で嫌な思いをしないようにある程度の下調べは大事なこと。

気温も高く天気が良いとそれだけで気持ちがオープンになってしまいますが、ぼったくりの被害にだけは合わないように。

レストランも決して高い場所だけではなく、良心的なタベルナもあります。

初めての場所では何かしら情報を得てからレストランを訪れた方が良い結果になります。

行き当たりばったりが好きな方もいるとは思いますが、サントリーニ島ではどうかご注意くださいね。

一生に一度の滞在、、、素敵なレストランで有意義な時間を過ごしてほしいと思います。

それでは、今回はこの辺で!

ゆうとぴあでした。

ゆうとぴあ
ツイッターやインスタではブログ情報や写真を発信しています!気になる方はゆうとぴあ(@cruiselexus)をフォローしてね♫
ゆうとぴあ
インスタグラム→(@cruiselexus)
ツイッター→ゆうとぴあ