プロフィール

ゆうとぴあのプロフィールでございます。

 

このブログを通じて私という人間に興味を持っていただけた方、どうぞお付き合いの程よろしくお願いします。

ざっくり自己紹介

 

はじめまして。

 

ゆうとぴあと申します。

197❍年2月19日、北海道出身のアラフォーでございます。たぶん、みずがめ座 でも、うお座という噂もあるようです。A型。

2人兄妹の長男で上に姉がおります。姉は東京在住です。私は、妻と息子、犬、猫がオーストラリアにて生活しております。小学2年生頃から何故だか海外に興味があり、夢が叶って2007年にオーストラリアで永住権を取得。

 

ゆうとぴあの歴史~学生時代

小学生時代

小学校1年生の時に見たジャッキーチェンの映画。

これの影響で少林寺拳法を中学3年生までやることに!9年間やってたんですね。小6で初段になって中学2年生で二段になりました。

当時はファミコンの全盛期でしたが、私は買ってもらえずに、外で遊ぶことが多かったです。私の住む北海道は豪雪地帯です。冬はスキーをひたすらやっていました。そのおかげで、スキーと少林寺ではかなり自信を持っています。スキーも結局1級まで取得。北海道人はみんな滑れると思っている方も多いと思いますが、そんな北海道人の中でも、スキーに関してだけは超自信があります。スキーも、7年間必死に習ってましたからね。

はじめて海外に行かせてもらったのも、小学生時代。小4の時に、北海道新聞社が主催してた、子供だけでいく研修のようなものでグアムへ。今でもそうですが、この頃からいろいろなことに興味があったと思います。

ちなみに小学校では鼓笛隊があり、4年生のころからトランペットをやることに。

少林寺拳法(小1~中3)スキー(小2~中3)英会話(小3~中3)トランペット(小4~大学2年)

 

中学生時代

中学時代はとても楽しかった記憶しかありません。

部活は吹奏楽へ。小学生時代からトランペットをやっていたので、選択の余地はなく、入学式の翌日には先輩が迎えに来てくれました。トランペットはそれから20歳までずっとやっていました。

中1の時に、北海道のテレビ局が主催する子供だけで行く「UHB少年の船」という企画でグアム・サイパンへ。この頃から大きな船に乗ることが大好きだったようです。うーん、懐かしい。

 

はじめて彼女ができたのも中学2年。聞いてない??その彼女とは20歳までずっとお付き合いさせてもらいました。ませてますね~。

中学校2年生の時に短期留学したアメリカでの経験に刺激され、アメリカへの高校進学を中学2年生で心に決めていました。

私は中学校を卒業してすぐにアメリカの高校へ。

日本での学校の思い出は中学校までです。

 

高校生時代

みんなが高校受験中、学年で唯一わたしだけ受験をしませんでした。(笑)

三者面談でも、一応受験をしておいた方がいいと薦められましたが、アメリカの高校入学がきまっていたので、結局受験はやりませんでした。

高校時代もほんといろいろありました。精神的にも肉体的にも成長したのが、アメリカでの高校時代でしょう。

小学生時代時代からずっと続けていたトランペットで、マーチングバンド。フロリダにある、ディズニーワールドで演奏もしました。毎週金曜日に開催されるアメリカンフットボールの試合のハーフタイムでは、必ず演奏してました。私の住んでいたテキサス州でもマーチングコンテストで1位を取る位、有名な高校で演奏していました。

青春時代をアメリカで過ごせたことは、後の人生においてとても大きな影響となり、言葉では表せないほど。一言でアメリカを表現すると、アメリカはほんとレディーファーストの国です!!

体操(高1~3)マーチングバンド(高1~3)

 

大学時代

日本を出てからの高校生活では日本人とかかわることのない生活を送っていたせいで、日本人がとても恋しくなっていました。(笑)大学は日本人が沢山在籍する場所をワザとに選びました。(笑)

インディアナ州にある学校へ!!

 

キャンパスを歩いていると、沢山の日本人留学生を発見!!(笑)

勉強はそこそこに遊びに集中していたような思いでが、、、ナイショですが、、、、、

 

ゆうとぴあの歴史~社会人時代

貿易会社

長いアメリカ生活から帰国後、社会人として都内で初めてのお仕事。

丸紅からのアパレル関係のお仕事で、イタリアなどから革靴の輸入手続きをする仕事。仕事の7割が英語を使っての仕事だったので、天職だあああ!!と思っていましたが、、働き始めて2年後にはワーキングホリデーでオーストラリアに来ていました。(笑)

英語に関係する事がいいな、、、、という思いは常に心の中に持ち続けていました。

 

ツアーガイド

ワーホリ時代の生活拠点はシドニーでした。

あまりお金を持ってこなかった為、すぐにツアーガイドとしてお仕事を開始。元々ガイドさんをやってみたかったので、すぐに慣れました。結局ワーホリ時代はずっとガイドさんで生計をたてていました。

 

ホテルマン

日本に帰国後、ホテルマンとして仕事をします。

これをきっかけに、ホテルマンとしてビジネスホテルから大型シティーホテルまで宿泊部門に所属。

ホテルマンとしての仕事には常にやりがいを感じていました。ホテルの裏側も沢山みてきましたし、有名なVIPの方ともお会いする事が出来ました。サービス業としてとっても勉強になった業界です。

宿泊部、いわゆるフロントは夜勤もあるので疲れますけどね、、(笑)

今では良い思い出です。

 

タイル職人

学生時代には日本に帰国するたび、鳶(とび)や大工さん関係のアルバイトしていました。その経験をいかしてタイル職人に転向!

タイル職人として少しばかりの修行を積んで、オーストラリアで永住権を取得しました。

若い頃に経験しておいた職人さんのお仕事、、、、、結構好きです。

 

ゆうとぴあの特徴

・A型でも結構おおざっぱ?

(ちょっと休憩中なので都度更新予定)